誰でもいつでもどこからでも、貴重な日本の古典籍画像を自由に利用できる! 今年公開の「新日本古典籍総合データベース」をご紹介します

国文学研究資料館は2014年度から、国際的な共同研究ネットワークの構築に向けた歴史的典籍NW事業に取り組んでいます。

このNW事業で今後、日本の古典籍画像30万点を搭載していくデータベース「新日本古典籍総合データベース」は今年4月に試験公開を開始。2017年8月現在、約6万5千点の古典籍画像を見ることができます。

今年はコミュニケーション・ブース初出展。新しいデータベースのほか、国文研の様々な取り組みをご紹介します。

 

新日本古典籍総合データベース

 

図書館総合展 2017

出展

  • 大学共同利用機関法人人間文化研究機構国文学研究資料館