今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

NIIサービスA to Z!「オープンサイエンス研究データ基盤」 

国立情報学研究所(NII)は、情報学という新しい学問分野での「未来価値創成」を目指すわが国唯一の学術総合研究所として、ネットワーク、ソフトウェア、コンテンツなどの情報関連分野の研究開発を総合的に推進しています。また大学共同利用機関として、学術コミュニティ全体の研究・教育活動のための学術情報基盤の構築を進めるとともに、全国の大学・研究機関や民間企業等との様々な連携・協力を重視した運営を行っています。学術コンテンツに関しては、学術コミュニティに不可欠なコンテンツを大学などとの密接な連携により形成・確保し、付加価値をつけて広く発信するための情報基盤の構築を進めています。

国立情報学研究所の展示ブースでは、オープンサイエンス研究データ基盤の紹介を中心に、次期JAIRO Cloud(WEKO3)や新IRDB、JAIRO CloudとERDB-JPの連携など、大学図書館を取り巻くサービスについて紹介します。  

 

ブースコアタイム・ブースプレゼン

各日3回 11:45~12:45 / 14:45~15:15 / 17:15~17:50

説明員がブースに常駐するコアタイムを設定していますので、個別相談等にお気軽にお立ち寄りください。
ブースプレゼンの内容・時間等の詳細情報は決まり次第ウエブページでご案内します。

 

関連映像

学術情報基盤オープンフォーラム2018

Japan Open Science Summit 2018 基調講演 「オープンデータとその質保証に関するオーストラリアおよび国際的な視点」ロス・ウィルキンソン

オープンサイエンス時代の研究データ管理

図書館総合展 2018

ブース番号

56

出展

  • 大学共同利用機関法人情報・システム研究機構国立情報学研究所

問い合わせ先

  • 国立情報学研究所 図書館総合展担当

webサイト

http://www.nii.ac.jp/event/other/libraryfair/

twitter

https://twitter.com/NII_Bit

https://twitter.com/jouhouken

facebook

https://www.facebook.com/jouhouken/