今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

■公共図書館を想定した【予約棚】
中央区立図書館では予約貸出管理の効率化のために「Recopick®」を使った予約棚を導入しており、本の位置を正確に検知することで、利用者に簡単でわかりやすいセルフ貸出サービスを提供しています。その結果、従来の貸出カウンターは廃止し、コンシェルジュによるトータル窓口サービスの提供に形をかえてサービスの充実につなげています。

図書館総合展 2018

ブース番号

91

出展

  • 帝人株式会社

問い合わせ先

  • 竹内 正視

webサイト

https://www.teijin.co.jp/focus/recopick/