今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

今年の本展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行うオンライン開催です。

130余の出展、200超のイベント、約100の企画参加団体・個人が(さらに増加中)が、皆さまのご来場をお待ちしております。

 

https://2020.libraryfair.jp/

居ながらにして、全国の図書館・図書館人に会いに行く、“図書館界のいま”を学びに行く、
withコロナ下らしい、新しいコミュニケーションの様式をご体験ください。

 

新アカウントシステムにご登録を!

 ※新アカウントによるログイン前/後でみられるコンテンツ、DLできる資料が変わります。また、公務で参加される方に便利な「参加証」も発行しますぜひご登録ください。

開催案内冊子(紙版)の送付をご希望の方はこちらから〈無料〉

開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 ※冊子内のリンク先(企画本体)は鋭意構築中。今年に相応しい精力的な企画の数々にご期待ください。

 

 

---------------------------------------------------------------------------------

第22回図書館総合展は、新型コロナウイルス流行の情勢に鑑み、感染拡大防止の安全配慮を最優先事項として、展示会場での開催からオンライン開催へと方式を変更しました。

~どんなところに注意が必要か?

学術論文に掲載された図表や写真・抄録を他の著作物やデータベースに転載したり、学術論文の本文や抄録を翻訳して利用する二次利用の際には、著作権者から許諾が必要となります。本講演では、著作物の二次利用に詳しい弁護士の福井健策先生に事例を交えながら基本的な考え方を解説していただきます。

広告資材の制作や二次出版、論文執筆など他の著作物の利用をされる皆様に必須の講演です。

2016年11月10日 (木)

13:00 - 14:30

第1会場

登壇者

  • 講演者 : 福井健策 弁護士・ニューヨーク州弁護士/日本大学藝術学部 客員教授