~大学図書館の学内価値を上げるアセスメントを再考する~

進化を続ける情報テクノロジーとともに変容する利用者のニーズや期待を、大学図書館はいかに把握し、そこに顕在化する課題を解決するのか?―このフォーラムでは、この問いに対する答えを模索すべく、日本の大学図書館界における「アセスメントの文化」の現状をふまえた上で、大学の一組織として存在する図書館が評価を今後どう捉えるべきかを検討します。マネージメントの観点から大学組織が図書館に寄せる期待や、図書館評価LibQUAL+®の実施事例、過去の実施結果と新図書館計画の関係について等について各登壇者にお話いただいた後、大学組織における図書館の存在意義と図書館評価の今後の方向性について、ディスカッションいただきます。

 

お申し込みはこちらから→http://bit.ly/2QKzRVr
(※外部サイトに移動します。)

2018年10月30日 (火)

15:30 - 17:00

第1会場

主催

ブース出展

登壇者

  • パネリスト : 松原 聡 東洋大学 副学長 (経済学部教授)
  • パネリスト : 市古 みどり 慶應義塾 三田メディアセンター 事務長
  • パネリスト : 中曽根 緑 日本女子大学 図書館事務部 部長

申し込み・問い合せ先

藤原由季

yuki.fujiwara@maruzen.co.jp