ステークホルダーの戦略とともに考える

論文のオープンアクセスについては、オープンアクセスジャーナルの広がりやヨーロッパを中心としたPlan Sによる即座公開の動き、さらには「ハゲタカジャーナル」への懸念等、注視するべき動向や取り組むべき課題が山積している。主要な公開手段を海外のプラットフォームに依拠する分野や、国際的な共同研究に参画する国内研究者も多く、国際的な連携も踏まえて、こうした動向や課題に対応することが必至である。本フォーラムでは、NIIの学術情報流通推進委員会(SPARC Japan)に集まったグリーンやゴールド等のオープンアクセスに関わるステークホルダー(JUSTICE、JPCOAR、JST及びNII)が一堂に会して、現在の学術情報流通に係る動向を俯瞰しながら、オープンアクセスのあり方と今後の日本の取るべき戦略を議論する機会としたい。

2019年11月12日 (火)

13:00 - 14:30

第5会場

登壇者

  • 司会 : 武田 英明 国立情報学研究所
  • 講師 : 市古 みどり 慶應義塾大学三田メディアセンター/大学図書館コンソーシアム連合(JUSTICE)
  • 講師 : 江川 和子 東京大学附属図書館/オープンアクセスリポジトリ推進協会(JPCOAR)
  • 講師 : 小賀坂 康志 科学技術振興機構

申し込み・問い合せ先

国立情報学研究所 図書館総合展担当

webサイト

http://www.nii.ac.jp/event/other/libraryfair/

twitter

https://twitter.com/NII_Bit

https://twitter.com/jouhouken

facebook

https://www.facebook.com/jouhouken/