今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

「主体的・対話的で深い学び」をどう創るか

 「主体的・対話的で深い学び」(アクティブ・ラーニングの視点からの学び)を成功させるためには、学校図書館の整備充実を図り、ICTを活用して「情報センター」・「学習センター」としての役割を高める必要があります。「学校教育の情報化の推進に関する法律」(2019年6月28日公布・施行)をも踏まえて、児童生徒の情報活用能力を育成するために、ICTを学校図書館でどのように活用するかを考えます。 (資料代500円)

2019年11月13日 (水)

10:00 - 11:30

第8会場

登壇者

申し込み・問い合せ先

研究調査部

kenkyu@j-sla.or.jp

webサイト

https://www.j-sla.or.jp/