今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

これまでとはことなり様々な展開を見せる図書館(読書空間)を紹介する。札幌市図書・情報館、玉野市立図書館・中央公民館、延岡市公共複合施設エンクロスの事例から、設置に至った背景や経緯、施設としての特性、オープン後の反響をお話しいただくことで、図書館(読書空間)の可能性を展望する。

2019年11月13日 (水)

13:00 - 14:30

第2会場

登壇者

  • 登壇者 : 淺野隆夫 札幌市図書・情報館館長
  • 登壇者 : 日髙孝則 延岡市商工観光部 商業・駅まち振興課 課長
  • 登壇者 : 益子一彦 株式会社三上建築事務所 代表取締役

申し込み・問い合せ先

webサイト

https://www.trc.co.jp/sogoten2019/forum.html