本フォーラムの申し込みにはログインが必要です。アカウントをお持ちでない方は、アカウントを作成してください。

今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

学校教育における1人1台のデバイスによるICTの具体的活用事例としての電子図書館サービスの導入、また大学図書館や公共図書館における電子図書館サービスの進展は近年、めざましいものがある。本フォーラムでは学校教育と社会教育における電子図書館の活用 事例を紹介し、デジタル・ネットワーク社会における小学生から社会人までの「学び」のあり方を探求する。

2019年11月13日 (水)

13:00 - 14:30

展示会場内

登壇者

  • パネリスト : 片岡 史奈氏 (追手門学院小学校 国語科教諭)
  • パネリスト : 沖田 綾子氏 (日本体育大学柏高等学校 図書館司書)
  • パネリスト : 佐藤 達生氏 (図書館流通センター 代表取締役副社長)
  • コーディネーター : 湯浅 俊彦 (追手門学院大学図書館・情報メディア部長)