今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

 昨今、大学図書館の学習支援の一環として、図書館運営に学生に関わってもらうことで参加した学生の情報リテラシーを高めたり、図書館の活性化を図ったり、あるいは学生のキャリア形成を支援するといった活動が普及してきています。こうした活動に参加する学生や教職員の交流イベント「大学図書館学生協働交流シンポジウム」を始めとするイベントも行われています。しかし、学生協働は各大学の使命に関わる活動でもあるため、何を持って成功していると言えるかは大学図書館によって異なります。このことを踏まえつつ、現在までの学生協働の現状を確認し、今後の展開を広く議論することを目的として、本シンポジウムを開催いたします。学生協働にこれから取り組もうとする大学はもちろん、すでに実践している大学においても有益な意見交換の場を提供できるものと考えております。

13:00-15:05 【第1部】基調講演,事例報告

15:05-15:35  休憩

15:35-17:00 【第2部】パネルディスカッション

 

定員:200名

参加費:無料

登壇者

申し込み・問い合せ先

国公私立大学図書館協力委員会シンポジウム企画・運営委員会(慶應義塾大学日吉メディアセンター 長島敏樹)

webサイト

https://julib.jp/sympo_event/symposium_2019