2021年秋の開催形式・出展要項を公開しました。

図書館に関わるすべての方を対象とするコンベンション「図書館総合展」は、現在、2021年開催について準備をすすめております。

開催案内と出展要項を公開しましたので(2021年5月28日)、下記のページをご覧ください。

https://2020.libraryfair.jp/
※このあと本展公式ウェブサイトのホームページはこちらに移行します。いまご覧のサイトは終了します(アーカイブは新サイトからみていただけます)。
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

~総合学園の観点から見る、大学教育と図書館のあり方~

法人内に1つの小学校、4つの中学高等学校、2つの大学を抱える学校法人立命館。立命館小学校では、1年生からロボティクス科の授業を行っています。「Microsoft Showcase School」の認定(日本の私立小学校で唯一)や、文部科学省のプログラミング教育実証校としての認定等、日々の学びのなかにICTが活かされ、その教育実績が各方面で認められています。

このような最先端のICT教育やAIの進化は、今後の大学教育に大きなインパクトを与えるでしょう。そしてその他にも、グローバル化やオープンイノベーションなども、今後の大学教育を考える上で、大きな要素になってくるはずです。ICTの技術を使えば、学校や大学に行かなくても、「知識の習得」は得られます。学習が多様化する中で、学校や大学に行くからこそ得られる学び、学校や大学、そして大学図書館に求められる価値とは何なのでしょうか。

このフォーラムでは、学校法人立命館の総合学園としての観点から、小学校、中学高等学校での教育現場の実情をふまえつつ、様々な社会変動を踏まえ、そして更に予測不可能ともいえる時代を前にして、今後、大学教育に求められる役割、大学図書館が果たすべき役割について迫ります。今後の大学教育、大学図書館運営がどうあるべきか、そのヒントとなるフォーラムです。

2019年11月14日 (木)

13:00 - 14:30

第8会場

申し込み・問い合せ先

学術事業部 図書館総合展事務局  霜田

academy@careerpower.co.jp

webサイト

https://www.careerpower.co.jp/service/libraryfair2019/