2021年秋の開催形式・出展要項を公開しました。

図書館に関わるすべての方を対象とするコンベンション「図書館総合展」は、現在、2021年開催について準備をすすめております。

開催案内と出展要項を公開しましたので(2021年5月28日)、下記のページをご覧ください。

https://2020.libraryfair.jp/
※このあと本展公式ウェブサイトのホームページはこちらに移行します。いまご覧のサイトは終了します(アーカイブは新サイトからみていただけます)。
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

これからのレファレンスサービスのために

この度、大串夏身氏の名著『ある図書館相談係の日記―都立中央図書館相談係の記録―』(1993)が大幅に増補して復刊されることとなりました。刊行を記念して、著者の大串夏身氏のトークショーを行います。底本の成立に関するエピソードを交えつつ、図書館におけるレファレンスの実際や、レファレンスと貸出の関係性、そして図書館サービスにおけるレファレンスの位置づけなど、これまでとこれからの「レファレンスと図書館」について語っていただきます。司会はライター・編集者の南陀楼綾繁氏。

※会場にて、新刊を先行発売いたします。

ご予約が会場の定員に達しました。たくさんのご応募ありがとうございます。以降フォームよりご送信いただいた方には、キャンセル等により空きが出た場合にご案内いたします。

登壇の予定だった復刊企画者のレファレンサーは、ご都合で登壇しないことになりました。大串氏、南陀楼氏お二人の対談となります。

 

書籍の詳細情報はこちら

 

レファレンスと図書館 ある図書館司書の日記

2019年11月14日 (木)

15:30 - 17:00

第7会場

登壇者