2017年3月13日 (月)

さる3月7日、第19回図書館総合展へのご出展についての説明会を行いました。
https://www.libraryfair.jp/news/5520

出展案内(総合版と出版社向け版)と各種目の要項・申込書については、こちらにファイルがありますが、説明会では、運営の重点、昨年からの変更点等についてお話しさせていただきました。

《主な変更点》

  1. コミュニケーション・ブース、ポスターセッションについて出展料割引特典制度
  2. フォーラムの開催予定者があらかじめ互いのフォーラムの対象者・分野を情報共有できるようにすること
  3. webサイト掲載の出展情報について、出展者にも編集権限が付くこと
  4. 公式ガイドブックを廃止し、公式アプリを新設すること
  5. フォーラム開催者は、スマホ利用のリアルタイム意見集約システム「imakiku」をフォーラム当日、無料で使用可

など

説明会では、野末俊比古先生、森いづみさんより大学図書館における学生協働また学生協働サミットについてご報告がありました。学生協働は大学図書館にとっても学生さんにとってもプラスが大きいこと、大学図書館だけでなく公共図書館など他館種でも有効であろうこと等をお話しいただきました。

 

当日の資料を順次公開してゆきます。

●利用者とともにつくる図書館─学生協働に見る図書館の未来像

  野末俊比古先生の発表スライド資料

  森 いづみさんの発表スライド資料

  ALA等海外図書館研修のご案内スライド資料

●第19回図書館総合展 ご出展について

  運営事務局の発表スライド資料

 

出展申込み〆切(6/30、図書館へのおすすめ本企画は7/31)には、まだ時間がございますが、フォーラム枠の確保は先着順ですし、お早めにお申込みいただければと存じます。

またお気軽にご相談ください。お問い合わせはこちらまで。