2018年5月25日 (金)

今秋、図書館総合展との併催で、“美術館に関わる全ての人々のための総合展” Art Museum Annuale 2018 を開催します。

Art Museum Annuale 2018 は、図書館総合展がそうであるように「館を運営する人も、館で働く人も、関連業者も、研究者も、専攻学生も、利用者も、皆が分け隔てなく、出展者・来場者の双方にまわり、会期の3日間を大いに学び大いに交流する」ということを志向したフェアーで、今年、その第一歩を踏み出します。

その内容は、フォーラム、ブース展示(営利企業/非営利向け)、ポスターセッション、展示会場内イベント、交流会等々です。

  • 開催日:2018年10月30日(火)~11月1日(木)

  • 会場:パシフィコ横浜ホールD(図書館総合展と併催)

 

美術館と図書館は遠いようでいて、その中で抱えている課題、目指しているところには、共通するものが多々あります。また、この2つは違ってはいても、一方を学ぶことが他方にとって大いに学べることが多々あります。
さらに昨今、公共施設の合築、文化政策の複合化が進んでいますので、美術館・図書館に付いて同時にみることは、関係者にとってメリットはおおきいと思われます。

 

「わたしはアンヌアーレに第一回から出ていたんだよ」

「誰もが分け隔てなく美術館について学び・語る──あそこから始まったんだよ」

そう言えるために、ぜひとも参加・出展をご検討くださいませ。

 

☆開催案内、申込書等、詳細は本ページ下のpdfファイルをご覧ください。