2018年10月09日 (火)

●日時:
11月1日(木)  16:30~17:45〈B会場〉 ★A会場からB会場に変更になりました。(10/31追記)

図書館総合展トサケンセミナー(c)
共催:図書館SIRO盛り上げ隊

「図書館×城」で地域は変わる

~地元にもとからある城に光をあて、今、生まれているもの~

 

全国に3300以上ある公共図書館、そして同数以上ある城。共に知の拠点、地の拠点であり、豊富な地域資料を有する図書館と、その地にある城や城址との親和性には高いものがある。

昨今の城ブームの中で、図書館が多様な主体とコラボレーションし「図書館×城」テーマに新たな来館者を増やしている、さらには、新たな賑わいづくり、観光振興まで取組始めた図書館もある。そこで、今回、地元にもとからある城に光をあて、共に輝いている事例を共有し、これからの図書館とまちづくりについて考える機会とする。

■日時: 2018年11月1日 (木)16時30分~17時45分

■場所 :パシフィコ横浜展示ホール「図書館総合展スピーカーズコーナーA」

主催:図書館サービス計画研究所(トサケン)
共催:図書館SIRO盛り上げ隊

主催者あいさつ:図書館サービス計画研究所代表 仁上 幸治

事例発表

1 図書館初の戦国の城ジオラマ展示会が全ての始まりだった    

  ~もともとある「まちの資源」を活かし、賑わいづくり。今、地域で起きていること~

  横浜市港北図書館長 木下 豊

2 「掛川三城ものがたり」×「図書館」

~城の近くにある図書館は既にアドバンテージがある。メリットを最大限に活かす~ 
  掛川市立図書館長  奥野 寿夫

3 明石城築城400年記念の機会を活かす

  ~図書館が持つ潜在力を発揮するには城が一番~

  あかし市民図書館長 志水 千尋

4 これからは城と言えば図書館だ!博物館とは言わせない

~地と知の拠点、城と図書館の親和性は抜群。「人の利、地の利、時の利」を活かす~

パートナー産業(株)代表取締役
  お城ジオラマ復元堂主宰
  城郭復元マイスター  二宮 博志
(敬称略)              

質疑応答(20分程度)

★参加申込フォーム
https://goo.gl/forms/K16cRAOL6N8ENLXK2

交流会は、図書館総合展の全体交流会に合流します。
別途お申込みください。
図書館総合展大交流会2018 11/1(木)
https://www.facebook.com/events/740737342940063/
★告知

図書館総合展案内ページ
https://www.libraryfair.jp/news/7735

図書館SIRO盛り上げ隊の告知のfacebookイベントページ
https://www.facebook.com/events/239629336731406/

2018.11.01(木)c-図書館総合展-SIRO盛り上げ隊の告知ページ
https://sites.google.com/site/tosaken23/shusai-semina/semina-20181101c

●参加のお申込みはこちらから
https://sites.google.com/site/tosaken23/shusai-semina/semina-20181101c