2019年3月07日 (木)

 防災科学技術研究所と図書館総合展運営委員会では、今年も「全国の災害アーカイブ実施図書館」パネル展示を、下記のとおり実施いたします。

 皆様の図書館・機関が収集されている災害アーカイブ事業について広くご紹介させていただきたくこの企画にご参加いただけましたら幸いです。何卒ご検討ください。

 
◇参考◇
過去のパネル展の様子は防災科学技術研究所のwebページでご覧いただけます。
http://dil.bosai.go.jp/link/archive/archive_event.html#lbf2018yokohama
2018年のパネルデータは下掲添付データをご参照ください。

 

<展示概要>

■コーナー名:全国の災害アーカイブ実施図書館
~図書館の収集する災害資料が、ヒト・モノ・コトを次の災害から守る~

 

■展示の趣旨:
 災害発生の後、当地の図書館が被災に関するアーカイブを行う例が増えてきましたが、いまだ定式が定まらず、各館手さぐりな状態が続いています。この企画は、先行事例やいざというとき参照すべき図書館・施設に関する情報を一覧できるようにすることを第一の目的とし、ひいては本企画に参加する各館の間でノウハウ等の情報が共有されることで、より有効なアーカイブが構築されることを期しています。

 

■展示期間・展示場所:

  1. 2019年11月12日(火)~14日(木) 於・第21回図書館総合展(パシフィコ横浜)
  2. 図書館総合展2019地域フォーラム(検討・調整中です)
  3. パネルの貸出展示を希望する図書館等施設

 

■展示の対象となる図書館:

  • 災害を経験した地域の図書館等で、当の災害資料を積極的にアーカイブしている施設
  • 被災地ではないが、災害資料を集約する役割を果たしている機関・施設

※災害は、地震・台風・洪水等の自然災害に限定せず、火災・事故等の災害も含むものとする。
※災害の発生時期は限定しない。

 

■展示内容
パネル展示:各館の行う災害アーカイブの情報(テキスト・写真)を1館ずつ掲載したものを掲示
※別紙フォーム(エクセルシート)にご記入いただいた情報、およびお送りいただいた写真をもとに事務局で定型の掲示物を作成します。
    配布物1:本企画で展示しているアーカイブ実施図書館の詳細情報をリスト掲載したリーフ(A3判)
    配布物2:各館アーカイブ事業の紹介パンフレット、ちらし 。アーカイブ事業そのもののパンフがない場合、図書館案内のパンフでも構いません。200部程度の配布を見込んでいます。※横浜本展のみ

 

<ご用意いただくもの>

  1. テキスト(概要~200字ほか。本ページ下にあるフォームにそってご入力ください)
  2. 写真×3枚(デジタルデータ) 
  3. アーカイブ事業を紹介するパンフレット、ちらし 200部 〈任意〉

※1.2.は、3月27日(水)あるいは9月6日(金)までに下記宛にexcelフォームをメール添付でお送りください。前者は地域フォーラム展示に向けての〆切、後者は横浜本展に向けての〆切です。

※3.は、10月上旬に、別途指定する送付先にお送りいただく予定です。なお、スペースの関係上、1館1種類でお願いします。スペースの都合からA4三つ折りサイズを推奨します。3月27日〆切に向けてはご用意いただかなくて大丈夫です。

 

※昨年、ご協力いただいた皆様には、別便にてあらためて情報の改訂および刷新のお願いをさせていただきます。あらためてご応募いただかなくても大丈夫です。
 

<お申込について>

■出展費用等:
無料です。

■申込方法:
下掲のexcelフォームに必要な情報を入力していただき、画像ファイル(3枚)と一緒にメール添付で下記までお送りください。

メールの件名を「全国の災害アーカイブ実施館」としてください。

■申込期限:第1次=2019年3月27日(水)、第2次=2019年9月6日(金)

送付先及び問い合わせ先:
「全国の災害アーカイブ実施館」申込み先:
防災科学技術研究所自然災害情報室 library@bosai.go.jp