今秋の第22回図書館総合展はオンラインにて開催します

2020年の第22回図書館総合展は、イベント・展示・コミュニケーションのすべてをウェブ上で行い、これまでご参加の叶わなかった出展者さん、来場者さんを多くお迎えすることができ、大いに盛り上がりました。下記の特設サイトでその様子をご覧いただけます(会期後もたくさんのコンテンツがアーカイブを公開しています。)

https://2020.libraryfair.jp/
アカウント登録するとより多くのコンテンツをみることができます。(ログイン後の画面でご覧ください)

次回、2021年は11月9~11日を中心に開催します。その形式については、COVID-19をめぐっての社会情況を顧慮し現在検討を重ねています。2021年春頃に開催方針を発表したいと考えております。

●開催情報をご入用の方はメールマガジンにご登録ください。

2020年開催の開催案内冊子(PDF版)はこちらから

みんなにもっと本を読んでもらうために!

流通科学大学図書館サークル「Libro」は学科や学年に関係なく、本が好きな人や図書館に興味のある人が集まり、図書館を舞台に自ら楽しみながら情報を発信する活動をするサークルです。 

 

本学では、若者の読書離れが深刻化しているということに危機感を抱いた有志学生が、読書推進活動に取り組んできました。図書館総合展にも「文章表現Ⅱ」チーム(※61番に出展)として、2年続けて参加しています。

 

その仲間が中心となって、昨年、大学内でビブリオバトルを開催しました。全学に公開して開催したものとしては本学初の試みです。この挑戦は大学主催の「学生チャレンジプロジェクト」で最優秀賞の評価を得ることができました。

 

そして、この春、満を持して、大学公認の図書館サークル「Libro」を立ち上げました。週2回メンバーで集まり、図書館や地域と連携したイベントを企画、開催しています。

 

今回の図書館総合展は、サークルとしては初めての出展となります。様々な大学図書館の取り組みを拝見し、今後の活動に活かしたいと考えています。

 

ポスターに今までの活動を詳しくまとめておりますので、是非ポスターセッション62番へお越しください。

 

PDF icon 62_2018poster.pdf

図書館総合展 2018

掲示番号

62

出展団体

流通科学大学図書館サークル