Document
Document
コロナ禍による大学図書館を考えよう

スライド公開しました!!

〇研究に至った経緯

昨年からのコロナ禍において、世の中が大きく変化していきました。図書館も緊急事態宣言中は臨時休館せざるを得なくなるなどの影響を受けた。

そこで、同志社大学と立命館大学それぞれの大学図書館のコロナ禍からのサービスの変遷を確認することになった。

〇学生の意見

・PCコーナーの端末利用が制限され、使えない場合があった。

・(対面・オンライン共通)レファレンスについて、低回生はどういうサービスなのか、何を相談すればよいのかわからない。

・(オンラインレファレンスについて)時間制限があるため質問を広げづらい。

・図書館サービスの内容が浸透していなければ利用しづらい。

 

キーワード
担当者
りっとけん 幸田ゆうか・DUALIS 御前友実
記入担当者
御前友実