離席中
「図書館」(仮称)機能を再定義・再設計・再定置
概要

2050年──図書館法制定の100年後──、情報、知識、そして図書館は、どのようなあり方を示しているのか、真正面からそれを考え始めたのが、この「図書館」(仮称)リ・デザイン会議です。

その契機はいわずもがな、COVID-19の感染拡大による生活スタイルの大変化、また“ひらくことができなかった図書館”です。情報・知識の枠組みをとらえなおし、再設計して、社会に定置します。「図書館」という言葉そのものも、とらえなおしていきます。

図書館総合展の場を、このムーブメントのスタート地点としました。今後もMLAK機関、またその利用者やここに関わるすべての人と、公共財としての「図書館」を考えていきます。どこにいても、どんな状態でも、考え、参加することができます。

私たちと一緒に、30年後、50年後、100年後の「図書館」をリ・デザインしませんか!

2020年の図書館総合展フォーラムの報告+αが1冊に!

詳しくはこちら→ https://library-redesign.main.jp/20210520/lrg35/


最新の取り組みや情報は、WEBサイトFacebookページで更新中です。

#図書館リデザイン と合わせて、ぜひチェックをお願いします!

開催年
2021
対象
どなたでも
イベントの有無
有り
webサイト

関連フォーラム