~ データ戦略とデジタルアーカイブ~

開催日時
-
開催方法
骨董通り法律事務所(港区南青山)より中継
このイベントへの申込には総合展アカウントでのログインが必要です。 ログイン後の画面に表示される申込みボタンよりお申込み下さい。
定員
300

「図書館とデジタルメディア、 融合の可能性」

                        ~データ戦略とデジタルアーカイブ~

 

震災、感染症、気候変動、私たちは日常と化した「先の見えない危機」の中で生きています。        「過去」と「現在」を記録・検証し、新たな「未来」をつくっていくために、デジタル時代における図書館と  メディアの融合の可能性を考えつつ、政治、社会、教育の行方を知ることがますます重要になっています。    このトークイベントでは、第一線のジャーナリスト、研究者、国会議員、法律家、メディア現場スタッフの5人が集まり、コロナ禍などの時代、データ戦略とデジタルアーカイブの在り方を通じて、開かれた国家・社会のための「デジタル改革」「デジタル政策」について、参加者と学び探り、広く共有します。

【講演内容・トピック】

◇ 図書館とメディアの融合: 図書館 -「公共」の場からの情報発信の可能性

◇データ戦略とデジタル著作権: メディアコンテンツの流通化に必要な要件とは?

◇図書館・公文書館の DX 化: デジタル戦略で情報の共有化、透明性を確保する

◇デジタル政策の行方:~ 開かれた国家・社会のためのデジタルアーカイブ、デジタル改革とは ~

【登壇者プロフィール】

◆内田朋子氏 関連フォーラム :「すごいぞ! はたらく知財」 11月22日(月)14時から

https://www.libraryfair.jp/forum/2021/65

 

 

 

キーワード
開催年
2021
主催
図書館総合展運営委員会
後援
デジタルアーカイブ学会
登壇者

山田 太郎    参議院議員

鮫島     浩 ジャーナリスト・元朝日新聞

吉見 俊哉 東京大学大学院情報学環教授

福井 健策 弁護士

骨董通り法律事務所 for the Arts

代表パートナー

司会:内田 朋子  共同通信社編集局

メディアセンター  委員

サポーター:井上奈智 国立国会図書館