デジタル画像を教育に活用する

開催日時
-
開催方法
オンラインシンポジウム(Zoom)
YouTubeライブ配信
想定対象
どなたでも
事前申込要不要
配信視聴のみの場合は不要(発表者への質疑応答を希望する場合は11月9日までに要申込)

【事前参加登録受付締切 11月9日(火)17:00】
事前参加登録をしていただいた方に、発表者への質疑応答用フォームをご案内いたします。
※事前参加登録がなくてもYouTubeライブ配信はご覧いただけます。

 

【プログラム一覧】( )内はヨーロッパ中央時間(UTC+1)

17:30(9:30) 配信開始
18:00(10:00) 開会の挨拶
18:05(10:05) はじめに
18:10〜19:25
 (10:10)〜(11:25)
第1セクション デジタル社会における教育の取組等
  ⅰ 古典教材の未来を切り拓く!
  ⅱ 「データ駆動型人文学」の担い手を探る
  ⅲ くずし字を読むエッジAIの開発
  ⅳ 質疑応答
19:40〜21:05
 (11:40)〜(13:05)
第2セクション 具体的実践等の取組
  ⅰ ドイツにおけるデジタル・ヒューマニティーズと日本学における応用
  ⅱ 古典と地域を結ぶICT活用教育の可能性-楽しみながら学ぶ「木曽路双六」・「ことわざ絵合わせ」-
  ⅲ 江戸時代の占い本『晴明歌占』を用いたアクティブラーニングと和歌占いの普及
  ⅳ 質疑応答
21:05〜21:25
 (13:05)〜(13:25)
第3セクション データ駆動による可能性
  データ集積とドメイン知識:万葉集を例に
21:25(13:25) 閉会の挨拶
21:30(13:30) 閉会

※各発表のタイトルは予告なく変更される場合があります。

キーワード
開催年
2021
主催
人間文化研究機構 国文学研究資料館