開催日時
-
開催方法
Zoom
Live/録画公開
LIVE+録画
想定対象
どなたでも

※本セミナーは終了いたしました。録画(本ページの下の方にあります)をご覧になった方は、下記アンケートフォームよりご回答いただけますと幸いです。

■アンケートフォーム

---------------------------------------------------------------------------------

読書会は、人と人とのつながりを生み出す場として、日々様々なかたちで開催されています。

本セミナーにご登壇いただく、坪内一さんは、横浜を拠点に、長年「持寄り方式」及びゲストを招いての読書会活動を実践され、そのテーマは「役に立たない読書」から「中教審答申を読む」まで実に多彩です。

これから読書会に参加しようと思っている方も、読書会を主催してみようと考えている方も、本セミナーで、読書会についてのたくさんのヒントや気づきを得てみませんか?

意見交換の時間もご用意していますので、ぜひどなたでもお気軽にご参加ください!!


【講師プロフィール】
坪内 一(つぼうち はじめ) 氏

1983年、横浜市役所入庁。1990年から中央図書館の開設準備を担当。
その後、文化振興、生涯学習支援、学校・地域連携、児童福祉など様々な分野を経験。
2008年から2年間、公益財団法人全国市町村研修財団の教授として、全国200を超える延べ2,000人の自治体職員・首長・議員の研修の企画実施に携わる。
2011年から中央図書館企画運営課長を務め、横浜市役所を定年退職後は、公益財団法人横浜市民施設協会の管理職として、地区センター2館の館長を務める。
2021年9月、千代田区立千代田図書館に招かれ、現在まで同館のサービスプロデューサーを務めている。
プライベートでは、司書としての現場経験を活かし、2015年以来継続して「共読」講座の講師、読書フォーラムのモデレーター、社会教育関係職員研修の講師などを、横浜市や千代田区をはじめ、鎌倉市・浦安市・大分県別府市など各地で担当しているほか、「図書館総合展」の運営協力委員を10年間継続して担っている。

◎図書館・読書関係論文
「教員・生徒・図書館員で取り組むビブリオバトル ~読書のアクティブ・ラーニング」『日本学習社会学会年報』第18号 2022年9月
「つながる『場』としてのヨコハマ読書会 ~ウィズ・コロナ時代の『共読』を考える」『社会教育』2021年11月号
他多数。

----------------------------------------------------------

〇登録された個人情報の取扱いにつきまして

1) 事前申込の際に登録いただく情報は、個人情報保護法および関連法令に遵い、図書館総合展運営委員会と図書館スタッフ株式会社が厳重に取扱い、運用します。
2) ご登録いただく個人情報は、図書館スタッフ株式会社が主催するフォーラム参加者の確認と開催に伴うご連絡、および弊社サービスのご案内以外の目的では一切利用いたしません
3) 利用目的に照らして不要となった個人情報については、速やかに且つ適正に削除・廃棄いたします。
4) 本件へのお申込みをもって、図書館スタッフ株式会社への個人情報提供に同意したものとさせていただきます。

----------------------------------------------------------

タグ(選択式〈推奨〉)
タグ(選択式にないものをフリー記述)
開催年
2022
主催
図書館スタッフ株式会社
ブース出展
有り
担当者
図書館サービス部 山下
電話
03-5207-2851
FAX
03-5207-2852
メール
h_yamashita@librarystaff.jp
Document