開催日時
-
-
-
開催方法
Zoomミーティング
Live/録画公開
Live
想定対象
大学図書館、学術機関
事前申込要不要
要申込
このイベントへの申込には総合展アカウントでのログインが必要です。 ログイン後の画面に表示される申込みボタンよりお申込み下さい。
,
このイベントへの申込には総合展アカウントでのログインが必要です。 ログイン後の画面に表示される申込みボタンよりお申込み下さい。
,
このイベントへの申込には総合展アカウントでのログインが必要です。 ログイン後の画面に表示される申込みボタンよりお申込み下さい。
定員
40

最近翻訳書が刊行されたRick Andersonによる学術コミュニケーションの入門書をテキストとして、基本的な知識を確認しつつ、日本の状況に照らして最近の動向に関する認識を共有する。セミナー形式で作業(参加者による各章の要約とより新しい状況に関する補足)し、訳者(宮入暢子氏)に対する質疑および全体ディスカッションを行う(想定参加人数上限40名)。

参加者は事前に以下のテキストを入手し、10月31日(月)までにアンケート(10月上旬より参加申込者に送付予定)にご回答ください。本書の購入はこちらをご参照いただき、オンライン書店等をご利用ください。
テキスト:
リック・アンダーソン著, 宮入暢子(訳) (2022)『 学術コミュニケーション入門:知っているようで知らない128の疑問』 アドスリー.
 

タグ(選択式〈推奨〉)
開催年
2022
登壇者

土屋 俊(独立行政法人大学改革支援・学位授与機構)

宮入 暢子(学術情報コンサルタント)

関連フォーラム