「災害への『しなやかな強さ』を持つMLAK機関をつくる」

What's saveMLAK

 

saveMLAKは美術館・博物館(Museum)、図書館(Library)、公文書館(Archives)、公民館(Kominkan)の災害等による被災情報を集約し、ウェブサイトで情報発信を行っているプロジェクトです。東日本大震災をきっかけに発足しました。

震災訓練プログラムsaveMLAKメソッドの開発・普及や、「災害への『しなやかな強さ』を持つMLAK機関をつくる」という呼びかけなどを行っています。

2020年からのコロナ禍では、図書館等の動向を調査しています。

 

オンラインイベントがあります!
 

日時

2022年11月10日(木)19:00-20:30

 

開催方法

Zoomを使ってオンラインで開催します。

後日、フォーラムのページにアクセス情報を公開しますのでご覧ください。

また、Facebookのイベントページでもお知らせする予定です。

 

申込方法

事前申込不要、先着順。どなたでも参加できます。

ざっくり参加人数を把握するため、可能でしたらFacebookのイベントページで「参加予定」のボタンを押していただけますとありがたいです。

 

内容

タイトル

図書館をめぐるCOVID-19の影響:― 公共・大学・専門図書館のsaveMLAK COVID-19調査からの報告 ―

概要

saveMLAKでは2020年からCOVID-19の影響について、公共図書館、国公立大学図書館、専門図書館の動向調査を行い、休館状況調査に結果を集約しています。

各館種の調査メンバーから、それぞれの取組みを報告し、ディスカッションを行います。

タグ(選択式にないものをフリー記述)
対象
どなたでも
イベントの有無
有り
出展社
記入担当者
子安

関連フォーラム

関連キャラクター