刊行記念イベント

開催日時
-
-
開催方法
Zoomミーティング
Youtubeでの期間限定公開
想定対象
どなたでも
事前申込要不要
イベント終了。アーカイブ視聴は申込不要
定員:
定員
なし

〈図書館総合展2022_ONLINE 会期いっぱいアーカイブ動画公開中!〉

図書館総合展期間中、アーカイブ動画をご覧いただけます。

◎JIFを正しく「知る」ために◎

「学術誌の注目度」の指標であるジャーナル・インパクトファクター(JIF)。
国際的な学術誌に関わると必ず目にする指標ですが,その成り立ちや付与の基準・活用法等は,実際にはあまり知られていません。
研究者・図書館員・学術誌編集者ほか,業務で学術誌を扱うさまざまな立場の人がJIFと向き合うことになったとき,どうすればその指標に振り回されることなく「賢く」活用できるのか。
JIFの基礎知識から最新動向までを解説した『ジャーナル・インパクトファクターの基礎知識:ライデン声明以降のJIF』の刊行記念イベントです。

著者の棚橋佳子氏を講師に迎え,書名どおりの「ジャーナル・インパクトファクターの基礎知識:ライデン声明以降のJIF」と題した本イベントでは,以下の三部構成(それぞれ約20分)にてJIFの全体像をコンパクトに解説します。

  • JIFの基礎知識を解説する「基礎編」
  • JIFの活用法を解説する「実践編」
  • ライデン声明後の最新動向にも言及する「ライデン声明以降のJIF」

また最後の約20分では,当日の講演内容に対する質疑応答はもとより,事前募集のご質問に棚橋氏がお答えする「質疑応答:JIFについてのQ&A」を予定しています。

※本セミナーは動画の公開(総合展2022会期中のみ)も企図しておりますが,変更の可能性もございます。また,公開動画には「質疑応答:JIFについてのQ&A」は含まれません。

◎書籍自体の詳細はこちらをご覧ください。
 

〈講師紹介〉

棚橋 佳子(たなはし・よしこ)
現在,一般社団法人情報科学技術協会理事・副会長,立教大学兼任講師および帝京大学非常勤講師。
南山大学外国語学部イスパニア語学科卒業。米国メリーランド州立大学カレッジパーク校図書館情報学修士課程修了(MLS)。
ユージン・ガーフィールド博士が創設した旧Institute for Scientific Information(ISI)社に1995年入社。同社トムソン・サイエンティフィックを経て,トムソン・ロイター・プロフェッショナル㈱営業統括本部長。
2014年よりクラリベイト・アナリティクス・ジャパン㈱取締役を経て,現職。

【2022年11月18日 17時追記】
お蔭様で本イベントは無事に終了いたしました。
皆様,誠にありがとうございました。
動画を編集後,本ページでアーカイブ動画を公開予定です。

【2022年11月22日 17時追記】
アーカイブ動画を公開いたしました!

タグ(選択式〈推奨〉)
開催年
2022
登壇者
棚橋 佳子 氏

関連フォーラム

関連サテライト会場